マインドセット 後悔しない人生を実現する

たった1つのアルバイトだけで、収入を爆上げする方法【体験談です】

アルバイトの収入じゃ満足できないので正社員になろうと考えているんですが、どうでしょうか?
正社員にならなくても、アルバイトのまま収入を上げるのが僕的に一番おすすめです。体験談に基づいて解説していきます!
ORIGUCHIさん

たった1つのアルバイトだけで、収入を爆上げする方法【体験談です】

この記事は、こんな人に向けた記事です。

  • 正社員になろうか迷っている
  • 時給が全然上がらない
  • 自由に使える時間を確保したい

どうも、ORIGUCHIさんです。

僕はアルバイトとして働いていたとき、1つのアルバイトのみで月収30万円前後稼いでいました。

一応こちらの記事の最後らへんに給与明細を載せてるので、見てみてください。

会社にしがみつかない生き方が最強【正社員はメリットがない】

 

このアルバイトは決して割のいいアルバイトではなく、むしろ最初は時給900円くらいでのスタートです。

つまり、そこから月収30万円くらいまで稼げるようになりました。

厳密にいうと、こんな感じの流れで僕の収入は変化していきました。

  • 最初の1ヵ月目=時給900円くらい
  • 2ヵ月目=時給1,000円くらい(入社後すぐに昇給の交渉をして、1ヵ月以内に結果を出しました)
  • 1年後=時給1,100円くらい
  • 2年目=時給900円くらいに下げてもらう代わりに、成果給システムを導入してもらった。(導入初月の給料は23万円くらい)(あと正社員のオファーをこのタイミングで蹴りました)
  • それ以降=時給900円分+成果給で月収30万円前後を達成
ORIGUCHIさん
これで会社で働いている正社員の月収(20万円)を、とうとう超えたんですよね。

では、1つのアルバイトでどうやったらそこまで給料を上げてもらえるようになるのかを、具体的に教えます。

 

収入を上げる3つのポイント

アルバイトをするんだったら、まずこれを覚えておいてください。

  • 歩合による報酬を必ず交渉する
  • 常に周囲と競争意識を持つ
  • 残業は絶対にしない

これは僕が1つのアルバイトでずっとやってきたことです。

アルバイトっていうと、ほとんどの人はマイペースにやってしまいがちだと思います。

しかし、それじゃ当たり前ですがダメです。

収入を上げたいと考えている方は、この3つのポイントを頭に入れた状態で仕事に取り組みましょう。

 

成果による報酬を必ず交渉する

まずここでの交渉とは「時給を上げてもらうこと」ではありません。

もし時給を交渉して一気に上がるならそれでもいいですが、世の中そう簡単にはいきませんよね。

ORIGUCHIさん
せいぜい50円とか100円程度しか上がらないと思います。

だからこそ考えてほしいのは、時給を上げてもらうんじゃなくて成果による報酬システムを設けてもらうこと。

これがかなり重要なポイントです。

僕はこれで時給を上げてもらうことなく、月収30万円前後の収入になりました。

 

ただしここで注意してほしいことが2つあります。

  1. 利益率が高い事業をしている会社やお店であること
  2. 給料を決められる人(経営者など)と直接話せる職場であること

 

1つ目に関する理由は、利益率が高くないと交渉できる幅が狭くなってしまうため。

当たり前の話ですが、利益率が低いとその分会社側としての取り分も少なくなります。

なので利益率の高い事業であることは大前提です。

例えばIT系の事業を取り扱っている会社であれば、基本はどこも高めの利益率になっていると思います。

なぜなら物販と比べて仕入れという概念がないからですね。

WEBサイト制作にしてもWEBライティングにしても、会社側がかかるのは人件費だけです。

ORIGUCHIさん
僕もIT企業(SEO会社)で仕事をしていました!

 

2つ目に関する理由は、権限のある人と交渉できなければ話が進まないため。

例えば大手の企業が運営するチェーン店とかになってくると、さすがに交渉は難しくなると思います。

店長とか部長などの役職の人が職場のトップになる場合、結局交渉しても最終的には経営者の判断に委ねられます。

場合によってはうまくいくかもしれませんが、身近であなたのことを見ていない人に交渉するのは成功率が低くなるでしょう。

ORIGUCHIさん
なのでアルバイト選びの際には、どんな事業をしているのか?そして経営者や役員と関われる環境かどうかを確認してみてください。

ちなみにおすすめは、ベンチャー企業ですね!あまり規模が大きすぎると多分難しいです。

注意ポイント

ただし交渉する際は、時給を最低時給に設定してもいい代わりに…と付け加えるようにしてください。

単純に成果給システムを導入してほしいと伝えるよりも、こちら側もリスクを負うことによってグンと成功しやすくなります。

 

常に周囲と競争意識を持つ

これもめちゃくちゃ大事なポイント。

そもそも給料の交渉をするということは、勝算があることが大前提となります。

ORIGUCHIさん
まったく仕事できないのに交渉しても100%失敗します。

仮に交渉成立したとしても、勝算がなければ結局収入を増やすことはできません。

なので結果を出せる状況を作り出せるようになることを、まず第一に考えていかないとダメ。

だからこそ覚えておいてほしいのが、常に周囲と競争意識を持つことです。

 

アルバイトの仕事っていったら、どうしてもマイペースにやることを考えてしまいますよね。

正社員じゃない以上それでも全然かまいませんが、収入を上げたいなら話は別です。

たとえアルバイトという立場だったとしても、プロ意識を持って仕事に取り組むことが大事。

ORIGUCHIさん
僕も常に周囲を意識して、絶対に誰にも負けないように頑張り続けました。

アルバイトってそんなに力を入れて取り組む人はいないので、本気を出せば割とマジで勝てます。

たまに意識高い人もいたりしますが、そういう人がいるとむしろ余計に燃えてくるはず。

常に本気を出せばその分結果を残せるようになるので、それが交渉する際のアピール材料になるでしょう。

 

残業は絶対にしない

これは一見関係ないように見えますが、実は関係します。

成果給システムの導入には交渉が必要であり、交渉するには実際に成果を出す必要があります。

そして成果というのは、仕事の質だけではなくスピードも関係してくるでしょう。

そうなると必然的に残業しないように、タイムスケジュールを組むことも必要なわけです。

 

ただ、もしたくさん頑張っても上司から残業を頼まれてしまうことがあった場合は遠慮なく断るようにしましょう。

理由は、単純に時間がもったいないからです。

なお断り方は自由ですが、あまり悪い印象を与えてしまうのは交渉の際に不利になる可能性があるので要注意。

仕方がないと思われるような理由をつけて断るのがベストです。

ORIGUCHIさん
例えば家族のために家事をしないといけないとか、知り合いと約束がある、みたいな感じでも全然OKだと思います。

アルバイトである以上、無理やり残業させられることはありません。

 

しかし、残業をすれば当然時給が発生しますしそれもアピールになるのでやった方がいいのでは?って思う人もいるでしょう。

確かにその通りなんですが、残業を軽々受けるようになってしまうとあとから断りにくくなってしまいます。

アルバイトのうまみというのは、正社員と違って自分中心で生活できるところです。

つまりそのうまみを残業によって台無しにしては意味がありません。

ORIGUCHIさん
僕も月30万円稼いだバイト先では、一切残業しませんでした。別に残業しないからといって何か大きなデメリットがあるわけではありません。

むしろちゃんと自分の時間を確保するために、定時で上がるように頑張ってみてください。

 

夜のアルバイトなら交渉がいらない

もしあなたがいわゆる普通のアルバイトをする場合は必ず交渉をしなければいけませんが、夜のアルバイトだとその必要がありません。

なぜなら、最初から成果給システムが存在しているところが多いため。

例えばガールズバーやキャバクラ、ホストといえばバックによる報酬がありますよね。

自分を通じてドリンクが注文されたら1,000円とか、色々あると思います。

つまり僕がやっていることって、これとほぼ一緒なんです。

昼間にできる一般的なアルバイトの場合はそういうシステムが存在しないので、ちゃんと交渉して作ってもらう必要があるわけです。

なので夜のアルバイトをする場合は、交渉という手間を省くことができます。

普通に頑張って成果を出せば、その分収入につながるでしょう。

ORIGUCHIさん
ただし夜のアルバイトで成果を出すのは、普通のアルバイトよりもハードルが高いです。

なぜなら夜のアルバイトでは同じ目的のライバルが圧倒的に多くなるため。

よっぽど努力とセンスがないと、夜の世界で誰よりも成果を出すことは難しいと思います。

 

そもそもアルバイトで高収入を稼ぐ必要性は?

ここまで読んだ方は大丈夫だと思いますが、もしかすると疑問を抱いている方もいるかもしれませんので補足しておきます。

僕がたった1つのアルバイトでも稼げるよっていう話をしている理由は、正社員をおすすめしていないからです。

その理由に関しては、冒頭で紹介した記事の中にすべて書いてあります。

読むのが面倒な方に言っておくと、正社員はアルバイトよりも自由が少ないからですね。

 

僕自身は正社員になったことありませんが、横で正社員の働く姿は常に観察してきました。

もちろんそれだけではなく、正社員の方といろんな話もしてきました。

その結果、正社員には何の夢も希望もないなぁと感じてしまったわけです。

実際に正社員をしている人の大半は何も特別な理由とかなく、ただ安定した生活がしたいからというただそれだけ。

あと上司からオファーを受けたから、なんとなくなってみたという人も大勢いました。

そういう人たちを見てきて、僕はもうひたすら疑問しか生まれませんでした。

アルバイトと違って朝早く出勤してきたり、さらに残業は当たり前のようにある。

また好きでもない上司や役員との飲み会にも参加するし、休みもなかなか取れないといった人もいました。

そして耐えられなくなった人は、次々と辞めていったわけです。

ORIGUCHIさん
僕は10年間ずっと正社員の方と一緒に過ごしてきました。なので正社員の人たちの生活は相当理解しているつもりです。

残念ながら僕には何の魅力も感じなかったのでなりたいとは思わないですし、僕のブログを読んでくれている方にもなってほしくないと思っています。

 

【まとめ】やった分だけ稼げる仕組みがあれば、十分1つのアルバイトで稼げます

いかがでしょうか?

アルバイトで稼ごうと考えたら少しでも高い時給のやつを探したり、あるいは時給を上げてもらおうとすると思います。

でもそうじゃないんですよね。

本気で稼ぎたいなら、夜のアルバイトと同じように普通のアルバイトでも成果給システムが必要です。

なのでこれを、あなたの職場にも導入してもらう必要があります。

自分の口で交渉するのはちょっと自信ないなぁ…という方もいるかもしれませんが、そんなのは仕事の出来次第でどうにでもなります。

あとは勇気を出して直接話してみるだけ。

それでもダメだったら、他のアルバイトに移動すればいいと思います。

無理して稼げないアルバイト先に居続ける必要なんてありません。

というわけで、まとめましょう。

  • 給料アップには成果給システムがベスト
  • 実現するためには、仕事のできる人間になること
  • これで正社員よりも、お金や時間の自由が手に入る
ORIGUCHIさん
僕の場合はSEO会社でこれを実現しましたが、もちろん他の職場でも応用できると思います。

アルバイトで収入を爆上げしたいなら、チャレンジしてみてください!

-マインドセット, 後悔しない人生を実現する

Copyright© やればデキる!ORIGUCHIサロン , 2021 All Rights Reserved.